ホオアカの密度が高い町中小河川

本館カルガモっ子はまだ?、ヨシゴイは絶滅?の続き



昨日、探鳥よりも探蝶がよかったに書いた「全国鳥類分布調査調査」で、ホオアカが話題になったら、鳥見仲間は宮城県北部の蕪栗沼の見に行くとか。わざわざそこまで行かなくとも、仙台町中の梅田川、私の旧MFで極々普通に観察できるのになぁ。本日の午前中、行ってみたらずばりホオアカの密度が高い町中小河川だった。

ここ!、ホオアカ、オオヨシキリ、ササゴイを観察するのは最高の川原だと思う。JR仙石線利用で公共交通機関で行けるし、ま、それ以外はそこそこだけどね。今後も、ホオアカの密度が高い町中小河川、存続してほしいと思う。

スポンサーサイト

2016.05.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数