ホオアカは宮城では平地の草地の鳥かも

16/05/29 ホオアカ

ホオアカの繁殖は一般的に高原、高度と緯度は関係するので本州北部では平地でも一部繁殖することとなっている。

在住の仙台でも、その昔は、高原と一部の川原で夏期に見られていた。が、ここ最近は高原では見かけなくなった。時々行く蔵王山系の草原ではこれまで見た記憶はない、仙台市北部の泉ヶ岳の草原では過去は毎年出逢えていた。が、その泉ヶ岳の草原、数年前から出逢えなくなった。

逆に、極々普通の観察できるのは旧通勤散策小河川の梅田川新田大橋界隈、それから我が家近くの七北田川の一部。他に極々普通でどこにでもいると感じるのは、県北部の蕪栗沼。そんなわけで、宮城では高原の鳥というよりも平地の草地の鳥というような気がする。

スポンサーサイト

2016.06.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数