我が家に本物のカッコウ時計が来た!

16/06/11 カッコウ

先日、実家の山形に行った際、カッコウが滑降する町という記事を書いた。その後も、在住の仙台の平地では鳴き声は聞かれず。

カッコウの托卵相手は、以前からオオヨシキリ、モズ、ホオジロと言われて、ここ最近はオナガもそうらしい。その中で、ホオジロは学習で托卵を排除するらしいが。そんなそこいらの川原等にオオヨシキリがうじゃうじゃいるのに、何故カッコウがいないかかなり不思議。前述した本館の記事にも書いた通り、ただオオヨシキリがいるだけではダメで、カッコウが見張りができる灌木が必須らしい。灌木じゃなくとも、電柱でもいいらしい。前者は河川工事で減りつつあるが、電柱ハシブトガラスあるけどなぁ。

そんなことを思っていたら、先週の土曜の早朝、突然、我が家のリビングからカッコウの鳴き声が聞こえた。え!、え!、と思い、窓を開けベランダから探してみると......いた、いた!、数軒隣の建物にアンテナで鳴いているのを確認できた。川原にいないのに、何故町中に?、公園はあるけど。きっと、一時的に立ち寄った個体なんだろうと思ったら、翌日、今朝も鳴き声を確認できた。貼ったのは、初日の寝ぼけ眼でベランダから撮ったカッコウ。何れも早朝に鳴くので、我が家に本物のカッコウ時計が来ただよね.....(#^.^#)。

スポンサーサイト

2016.06.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数