ジャコウアゲハって南方系では?

先日、本館探蝶は食草を探せなのねという記事を書いた。



逢いに行ったのは、貼ったジャコウアゲハ。図鑑を見ると、在住の宮城県でも見られるらしいが出逢ったことがない、気が付いていないだけなのかもしれないが。



本館に書いた食草は、貼った写真のウマノスズクサらしいが、もちろんこの草も未知だった。もしや、もしや、南方系の草なのか?。ググってみたら、以下の情報にたどり着いた。

ウマノスズクサ(- Wikipedia)

それを見ると「関東地方以南の日当たりのよいところ」、ということはやっぱり東北には少ない草だったのね。



それだけを食草にするんでは、東北では稀?、局地的なわけだよなぁ。



が、ここの川原にはうじゃうじゃいた。理由は、食草がこれまたうじゃうじゃあったから。誰かが植えたのか?、それとも自然に生えていたのが、運よく草刈されなかったのか?。枝先では、入り乱れて交尾しているのが2グループいた。



チョウも草もたくさんあって交尾まで、じゃ産卵もと思ったら、その現場も観察することができた。



ウマノスズクサの葉っぱをひっくり返して歩くと、あるわあるわ、あっちこっちに卵があった。



卵があるってことは、もしや孵化した幼虫もいる?。葉っぱをひっくり返しているうちに、孵化したてっぽいのを見つけた。



孵化したてから、やや育った幼虫もいた。

(PS)
宮城にも局地的だろうが、ウマノスズクサが生えている場所はあるのでは?、ググってみたら、以下があった。
ジャコウアゲハの生息環境に配慮した除草管理計画の作成・実施について
随分前の情報だが、場所は阿武隈川下流及び名取川、今も健在ならジャコウアゲハいるかもね。

スポンサーサイト

2016.07.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数