イラガ類は無敵?



数日前の通勤都市公園散策、シラカシの幹に緑色の鮮やかなイモムシ?、ケムシ?いた。ピンと来たのは、過去にちっちゃい恐竜、異色のツーショットに書いた通称ツバムシことイラガの幼虫。

が、が、若干違う、いた幹、樹液が湧いていたのでもしかしたら、樹液を吸うチョウの幼虫?。ググってみたら、さもあらず、イラガの仲間のナシイラガのようだった。

帰宅後、イモムシハンドブックを見ると、イラガの仲間って結構いるのね、それもほとんどに「注意」という文字はあり毒があるらしい。このトゲトゲしいのが、ここには毒があるんだぞ!、って意思表示しているのかもね。この毒、我々人間以外の生き物にも毒なんだよね。正確にいうと、人に毒ではなく捕食されないように毒があるんだよね。ということは............もしや、イラガ類は無敵?......まさかそんなことないよね?。いったい、誰の捕食される可能性があるのか?。

スポンサーサイト

2016.09.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数