ヒガンバナは間もなく開花、キンモクセイはまだ

昨季の今頃
キンモクセイ・ヒガンバナが着々と開花(2015.09.04)
という記事を書いた。

ということは、今季もそろそろ通勤都市公園でも再会できるはず。そう思い、昨日も探したが見つけることできず。当地ではヒガンバナは、雑草扱いで草刈りされる可能性ありかも。特に今季の草刈りは遅く、未だにあちこちやっているし。



今朝も探すが、なかなか見つからず。きっと、きっと、ハギの下に隠れていて見えないに違いない!。きっと、きっと、あるはずと確信し探すと、あった!、あった!、見つけた!......\(^o^)/。生い茂ったハギの下に、ひっそりと蕾が膨らんでいた。慌てて撮ったのでピンボケ、後ピンっていうのかな......(^_^;)。が、わかるよね!、間もなく開花しそう。

ヒガンバナといえば、過去に以下のような記事を書いた。

ヒガンバナ前線はないのか?(2011-09-30)

そこに「全国一斉に咲くってことっぽい」と書いたが、やっぱり地域差あるよね。きっと、きっと、先日書いたアオマツムシが鳴くきっかけは?じゃないけれど、同じように咲くきかっけが何かあるのでは?。ググってみたら、以下の情報に目が留まった。

夏期の気温上昇がヒガンバナの開花に及ぼす影響(- 和歌山大学)

それによると、夏期の高温が開花時期を早期化させる可能性ありとのこと。それだと秋に咲く花なのに、東北以南から咲き始めるというのに合点がいく。もしかすると、前述したアオマツムシも同様ではないのか?、あまりにも乱暴すぎる考えかな?.....^^;。

もう1つのキンモクセイは、やや蕾は膨らんでいるものの、匂いは微かに程度。なので、今季の開花はまだ先と思われる。

スポンサーサイト

2016.09.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 榴ヶ岡公園生き物ウォッチング

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数