たくさん渡るヒヨドリ、どこへ行くの?

毎度の都市公園散策、春と秋に上空を飛ぶヒヨドリの渡りが観察できる。



この秋は、

予想通りヒヨドリの渡りに出逢えた!(2016-09-28)

が初認だった、数は少な目だったが。

今朝は「V50,V40,V25」と、大きな群れが3つ飛ぶのを観察できた。

当地では1年中見られるヒヨドリ、春と秋の個体群はいったいどこからどこへ行くのか?。ヒヨドリは、日本固有種と言われているが、きっと、きっと、冬は東南アジア、夏はサハリンぐらいまで行っているのかな。と、と、思ったら、Twitterに「ヒヨドリはどこに渡っていっているのか謎、南西諸島のは別亜種」というコメントをいただいた。確かに亜種がいる、ググってみたら以下の情報がみつかった。

実は日本近辺にしかいない ヒヨドリの不思議(日本経済新聞)

やっぱり春と秋のたくさん渡りが観察されるが、どこへ行くのかはわかっていないらしい。昨今は、発信機をつけてオオジシギ渡りルートの調査というのもやっているらしいので、近い将来、どこへ行くの研究する方々が出て、判明するかなぁ。

スポンサーサイト

2016.09.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数