ワクワクしてバタフライガーデンに行ったが

本日は、先日の記事、お彼岸は探蝶にもよい季節に書いた、バタフライガーデン(宮城教育大学)へ行ってみた。



宮城教育大学の門について、守衛さんに場所を伺うと「バタフライガーデンなんて知らない、ない」とのこと..........(?_?)。事前にバタフライガーデン(宮城教育大学)の施設案内を印刷したので、それを見せると、そこは草が茫々になっているとのこと.........(T_T)。が、場所を教えていただいたので、すんなりたどり着けた。

確かに草が茫々、が、ちゃんとバタフライガーデンという看板はあった。草が茫々=食草がたくさん=チョウがたくさん舞っている?、その図式は成り立たず、草が茫々で終わっていた。たぶん、オープン当初は、力を入れてメンテしたのだと思う、が、今では遺物になっているように思えた。

そういえばバタフライガーデン(宮城教育大学)で公開中の情報もかなり古く、遺物になっていても不思議ではない。

間違いなく、それなりの食草はある、なのでタイミングがよければチョウの舞いに出逢えると思う。が、が、バタフライガーデンのガーデンとは言い難いと思った。



オオムラサキの幼虫と思われる看板も、こっちは朽ちてはいないっぽい。もしかして、草刈が追いついていないだけ?。でも、でも、バタフライガーデンと名乗るのは残念な状況だった。



ほとんどチョウがいないバタフライガーデン、目についたのはイチモンジセセリぐらい。



バタフライガーデンから離れたとこに、モンシロチョウもいた。



チョウ影が少なすぎるので、別のチョウ、鳥を探すとキビタキ、エゾビタキを観察できた。撮れたのはエゾビタキのみだけど。

スポンサーサイト

2016.10.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数