仙台のアオマツムシはいつまで鳴いている?

9月に'16の仙台のアオマツムシ、これまでで最速という記事を書いた。

ここ数日、鳴き声が聞こえなくなったなぁと思っていたら、昨日(10/26)にたくさん復活し、アオマツムシシャワーになっていた。

昨日の「TBC東北放送 防災減災・災害情報 @TBC_saigai」に以下のつぶやきあり
-----
【2016/10/26-13:45 TBC気象台】仙台では先ほど、気温が25.3度まで上がり夏日となりました。仙台での最も遅い夏日の記録は1977年10月31日の26.8度ですが、今回はそれに次いで観測史上2番目に遅い夏日となります。
-----

ということはこの温度の影響?、いや、死に絶えていないからだよね。

いったい、いつまで鳴いているのか?。特にまとめていないが、twilog.orgから、過去のつぶやきを検索してみたら以下があり。

2015年11月17日(火)
2014年11月06日(木)

え!、え!、11月上~中まで鳴くことあるのか、意外や意外。南方系の虫だから、長くて10月一杯かと思っていたら、結構寒さにも強いのか.......(@_@;)。

もしかするとアオマツムシの生息は、もう東北地方全部になっているのかな?。少なくとも、出身の山形にもたくさんいるし。ググってみたら「北限は岩手県盛岡付近」という情報あり、何年頃の情報なのかわからないので、もう青森までいるということはないのかな?。

ということで、今季も仙台ではいつまで聞けるか、観察していこうと思う。

スポンサーサイト

2016.10.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数