ヤドリギの種を運ぶのはレンジャクだけ?

前の土日、山形市の実家へ帰った際、近くの鎮守の森はある神社を散策した。

巨木のケアキには、あちこちにもじゃもじゃとヤドリギが見えた。黄色い花?、実?があるように見える。かなり高いが、ビノキで確認すると実のよう。コンデジで撮ってみたが、かなり高いのでぼやっとしか写らず。



ふと地面をみたら、実が落ちているを見つけた。1個ではなぁと思ったら、小枝ごと落ちているのがあった。ヤドリギの種を運ぶといえばレンジャクが有名だが、ここのもレンジャクが運んで来たのかな?。過去にここの神社ではレンジャクは一度も見たことがない、食べる時期に見てないってことな?、見た限り、今まさに食べごろに見えるけどなぁ。

ヤドリギの種を運ぶのはレンジャクだけ?、ググってみたが他の鳥の情報が見つからなかった。ヤドリギの実を食べるレンジャク、数えるほどしか見たことがない、やっぱりタイミングなのか?。在住の仙台で見たことがあるは、一番がキヅタ、次はピラカンサとヤナギぐらい。やっぱり、ここの神社もタイミングさえ合えば、連なる雀に逢えるのか?。

(PS)
その後もググってみたら、ヒヨドリ、ツグミ類もヤドリギの種を運ぶらしい。ヒヨドリはなんでも食べるってイメージあるからなぁ、ツグミはそういえばヤドリギツグミってのがいた、日本じゃ珍鳥だが。

スポンサーサイト

2016.11.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数