冬椋鳥、冬鵟

本館冬鴫に逢いにパート2と「冬鴫」の話題を掻書いた。冬に見られるといえば、冬椋鳥、冬鵟がいる。



冬椋鳥は何種類かいる?が、やっぱりホシムクドリかな。ホシムクドリは、以前にホシムクドリはいないの?、見落としの可能性は?に書いたように思っている。



冬椋鳥は、北から冬鳥として渡ってくるから、もしかして日本に気候は暖かいのかもね。ついつい、暖かめだと歌ってしますこともあるのかも。



先日、黒っぽいの、クリームっぽいの、白っぽいノスリに書いたように、ケアシノスリも冬とつく冬鵟(ノスリ)だと思う。



ホバリングする姿も、普通に見られるノスリとは違うね.....................(#^.^#)。

スポンサーサイト

2017.01.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数