宮城県内のオオジシギは絶滅?

たまにここ、または本館に書く、地域限定の絶滅?の話題。

今回の絶滅?、場所は宮城県内、種類はオオジシギ。

その昔、蔵王山麓の通称七日原の草原にオオジシギが生息していた。その頃はそこでノビタキも生息し、繁殖期に毎シーズン逢いに行っていた。今も草原は残っているが、たぶんそこに南蔵王野営場が着工してから見られなくなったと思われる。

他に北部の加美郡加美町の薬莱山の西側の草原にも、以前はいたらしい。そこはやくらいゴルフ倶楽部ができてから、見られなくなったらしい。

つい最近まで見られたのが泉ヶ岳山麓の草原、確実には2015年までは記録がある。ここはどんどん出逢える個体数が減っていき、2016年の昨季、とうとう記録が途絶えてしまった。

前の週末、あるイベント参加で東北大農場の六角牧場に行った。もしや、オオジシギ、ノビタキがいるのでは?、と期待したが鳥影はほとんどなかった。

以上のような情報であるため、もしかすると宮城県内のオオジシギは絶滅しちゃったのかも...............(+o+)。

(PS)
ググってみたら色麻町・大和町・大衡村にまたがる王城寺周辺にいるという情報があったが、ここはずばり自衛隊の王城寺原演習場。入れるわけはないので、生息の有無は確認できないよなぁ。

スポンサーサイト

2017.06.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数