'17夏)北の大地にアニマルウォッチング(3)

北の大地3日目、今日は午前中は知床ネイチャークルーズ、午後は小船で行く知床らうすリンクルの知床岬ヒグマボートクルーズの予定だったが、知床岬ヒグマボートクルーズは近々まで最低催行人数に達せず見通し立たず。そんなわけでヒグマウォッチングは、ゴジラ岩観光のヒグマウォッチングに変更した。

が、当日の朝一で知床らうすリンクルから、携帯に「催行人数に達した、本日出航することになったが、如何ですか?」と電話があった。行きたいのや山々だが、今日の今日ではということで、もらった電話で明日の午前便を予約した。



まずは知床ネイチャークルーズ、3度目の乗船ということでもう慣れたもの......(#^.^#)。乗船し、今回は何に出逢えるか期待。



今回はどうもマッコウクジラの情報があったというこで、そのエリアへ直行。結果は残念ながら影も形も、また水中マイクでクリック音も拾えず玉砕。イシイルカ、ミンククジラには漏れなく逢えた、特にイシイルカは船の左右を何度も何度も泳いでくれた.........\(^o^)/。マッコウクジラを探すので時間を費やしたというのもあってか、今回はシャチを探す時間なし、コアホウドリに出逢えたのはよかったが。



帰港すると今日も岸壁ではオジロワシが出迎えてくれた、岸壁の先には北方領土の国後島が見えた、わかるかな?。



下船後、本日1個目、今回の旅5つ目のソフト、知床海のバニラソフトをいただく。



昼食は昨日に引続きエゾシカ料理、鹿バーガーと思ったが羅臼の道の駅にはないとのこと。そんなわけで代わりは、羅臼ご当地バーガーのホッケフライバーガーとザンギバーガーをいただいた。



午後はゴジラ岩観光のヒグマウォッチング、今日も知床峠を越えて宇登呂へ向かった。峠からは北方領土の国後島が見えた、わかるかな?。今回もギンザンマシコを探すが見つからず、今回は鳥見人が何人かいたので話をすると、まだ若干時期が早いのではないかとのこと。



ゴジラ岩観光のヒグマウォッチングまではやや時間に余裕があったので、知床自然センターで本日2個目、今回の旅6つ目のソフト、こけももソフトをいただく。



羅臼道の駅のにはなかったご当地バーガー鹿バーガーがあったので、早目の3時のおやつでいただく。ご当地?、限定?という文字には弱い、そんなわけで北海道限定とうきび茶を買った、名前通りの味だった.......(^_^;)。



知床自然センターの林では、キビタキ、アオジ等が囀っていた、キビタキを撮ってみた。



エゾにいるハルゼミから命名なのか?、その通りエゾハルゼミもたくさん鳴いていた。



今日もエゾシカがいた、鹿バーガー食べたけど、美味しそうには見えなかった(笑)。



ゴジラ岩観光で乗船手続き、なんでも今日は条件付き出航とのこと。条件というのは濃霧の影響で、状況によっては船長判断で引き返すこともあるとのこと。事務所から社名の元になったと思われる、ゴジラ岩の前を徒歩で港へ向かった。



港へ着くとクルーズの船からお客さんが下りてきた、たぶん、前の便のお客さん。聞こえてきた会話は、ヒグマがいたらしいっぽいことを言っていた。



出航後、濃霧は流れたり、濃くなったりとあまり状況がよくない。そのうちにとうとう来ちゃった.....濃霧でポイントまで行けず引き返すとアナウンスが.....(+o+)。赤い足のケイマフリ多数、見ることができると、幸せになれるという言い伝え?があるらしいが、ヒグマには出逢えず。



今日は特に乾杯するものはなかったが、いや、コアホウドリ、ケイマフリにたくさん出逢えたってからその乾杯かな?。限定という文字がある、サッポロビールクラシックと夏の爽快2017で、本日の宿羅臼の宿まるみで乾杯した。

■おまけ■

◆知床半島の夜明け
・日本の最東端に近くこの時期は3時過ぎには明るくなる、3時半前後には日の出が見られるとのことだが、残念ながら滞在中は霧等で快晴の朝がなかった。

◆知床半島の夜空
・明るい建物が少なく星空観察がよいらしいが、残念ながら滞在中は霧等で星が見えなかった。

>>>続く

スポンサーサイト

2017.06.23 | | Comments(0) | Trackback(0) |

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数