チゴモズはどこ行っちゃった?



その昔、青森県弘前市にトラフズク、チゴハヤブサ、そしてチゴモズを観察に行ったことがある。

確かその頃は山形県内では、チゴモズは見られたが、トラフズク、チゴハヤブサは見られなかったか生息が不明だったはず。その後、トラフズクは季節により移動はするものの留鳥、チゴハヤブサは夏鳥として少数見られるようになった。

その反面、チゴモズはどこ行っちゃったの?、状態。その昔は、霞城公園内で見かけ、繁殖行動まで観察したことがある。その頃、山大構内でも繁殖していたという情報も。何故に、こんなにまで激減してしまったのか?。

参考まで

環境省絶滅危惧種検索

で検索するとCR(絶滅危惧ⅠA 類)となる。

絶滅危惧IA類(CR):ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの

かなりな深刻な状況であることは明白だが、どうすれば絶滅危惧から救えるんだろうか?。

そういえばアカモズもどこ行った状態のような?、上記で検索するとEN(絶滅危惧ⅠB 類)

絶滅危惧IB類(EN):IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの

だった。

スポンサーサイト

2017.06.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数