台湾賞鳥その1

これまで海外での野鳥含む、生き物ウォッチングは海外・国内遠出手抜きネイチャーウォッチングで公開しているように、ハワイ、タイ(プーケット)、ロタ(北マリアナ連邦)、ケアンズ(オーストラリア)の経験あり。北京・西安(中国)は、諸事情あって準備万端であったがキャンセルした。が、何れも家族旅行のついで...........(#^.^#)。

今回、とある機会があって台湾にバードウォッチングに行くことになった、台湾では「賞鳥」というらしい、「しょうちょう」って読むのかな?。

台湾の野鳥300図鑑

まずは図鑑、日本語版はないだろうなと思ってググってみたら「台湾の野鳥300図鑑」というのがあるらしい........\(^o^)/\(^o^)/。早速買えるところ探してみたが............ない、ない............(?_?)。5年ぐらい前の情報で、今は売られていないっぽい、中古も探せず。

分厚いのはいらないかな、読めないし、取りあえず今回限りだから............^^;.。が、やっぱり欲しいような、ということで、野鳥の会の<ハンディ図鑑>新・山野の鳥、<ハンディ図鑑>新・水辺の鳥っぽいのを探してみた。

台湾山野の鳥 常見100+特有種

1冊目は「台湾山野の鳥 常見100+特有種」、これはずばり「<ハンディ図鑑>新・山野の鳥」っぽい。

100 Common Birds of Taiwan

<ハンディ図鑑>新・水辺の鳥」っぽいのは、強いてあげれば「100 Common Birds of Taiwan」かなぁ、水辺ってわけじゃなく、全般が載った単なる「<ハンディ図鑑>」っぽい。

どうしようか?、検討した結果、一緒に行く鳥見仲間と分担して買うことにした。鳥見仲間へは後日渡すということで、2冊をHobby's Worldに注文したら早々に届いた。

2冊をさくさくっ見てみた感想は、「台湾山野の鳥 常見100+特有種」は山野の鳥の限定されているので薄いもののまずまずかな、「100 Common Birds of Taiwan」」は全般だから物足りないかも。

台湾野鳥図鑑

再度、検討した結果、別の鳥見仲間から分厚い「台湾野鳥図鑑」を借りることした。

続く

スポンサーサイト

2017.10.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数