ミヤマって北からって意味?



前の土日は何れもミヤマガラスを観察、土曜と日曜は別々の場所。一時は個体数が増えて、あっちでもこっちでも見かけたような気がするが、ここんとこ落ち着き越冬場所も固定化されつつあるような気がする。

ところでミヤマガラスという名前、何故ミヤマなのかな?。たぶん「深山」という漢字を当てはめるのだと思うが、繁殖地は深い山じゃないよね?。先日の記事の見出し「山形で禿鼻鴉」の「禿鼻鴉」、こっちのほうがぴったりだと思うんだけどな......(^_^.)。



ミヤマと付くのはこのミヤマホオジロも同様、こっちもたぶん深山で繁殖しないよね?。

他にミヤマが付くのは、北海道にいるミヤマカケスと、珍しいミヤマシトドぐらい。あ!、もしかして北からって意味合いがあるのかも?。が、北から来る鳥たちはいっぱいるから、いまいち解せないな.....^^;。ぐぐってみたら「遠隔地を示す」という情報もあったが、こっちもいまいちだよなぁ。

スポンサーサイト

2017.11.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数