[04/01]春の沖縄本島鳥見ツアーその6

(画像はインスタグラムにアップを流用しているものあり、表示されていない場合はクリックすると別画面(複数写真もあり)で表示します)

春の沖縄本島鳥見ツアーその5の続き

最終日は中部の国頭郡(くにがみぐ)金武町(きんちょう)の億首川河口(おくくびがわかこう)でシロハラクイナ、リュウキュウヨシゴイ、ツメナガセキレイ等を観察する予定だったが、前述したようにヤンバルクイナが散々な結果だったため、急遽予定変更で時間が許す限りヤンバルクイナを探すことになった、場所は一番密度が高い集落。

時間が許す限りというのは朝食前の朝探、皆、眠い目を擦り、疲労困憊の体に鞭打って出発。今回もチラッとでもヤンバルクイナを見た人は後続車、見られなかった人は前の車ということで出発。まずは前の車、左手の草地のチラッと入るシルエットを観察、こりゃこりゃバッチリ来るか?。ヤンバルクイナの一番密度が高い集落、町中を車で流すと人家の庭先で鳴き声はする........(@_@;)。ワクワクドキドキ、が、が、バッチリ姿を見ることが出来たのは後続車のみ..................(>_<)。最後のチャンス、これで終了...............結局、私は鳴き声は思う存分聞くことが出来た!、姿は.................シルエットとチラッとだけ..........................(;O;)。

たぶん、参加者の中でも観察は出来たが写真まではいなかったと思う。敗因は、ここのとこ野犬が増えたかららしい..........................(;O;)。



宿も戻り、直食後、初日もリベンジ、漫湖水鳥・湿地センターのナンヨウショウビンにリトライすることに。宿を出てすぐ、一部の方がリュウキュウイノシシを見たらしい、そう言えば沖縄自動車道に動物注意の看板がたくさんあった。



沖縄自動車道のトイレ休憩で、ちんすこうとサトウキビのダブルにアイスを愛す。



アイスの他、シークヮーサージュースも買って飲んでみた、美味しかった。



最後の目的漫湖水鳥・湿地センターのナンヨウショウビン、時間いっぱいまで粘るが出逢えず。遠くにマングース、全部で二頭いた、あ!、ナンヨウショウビンが狩られた?..................^^;...........その後の情報だと、我々がいった日のみ、観察できなかったらしい。



沖縄最後の食事は沖縄料理、沖縄そば屋さんへ行った。そば屋さんの前には、門の前に鎮座の「石厳當」、沖縄の魔除けらしい。



沖縄最後の食事は、沖縄そば定食、沖縄そばとジューシー、楚辺でいただいた。



二泊三日の春の沖縄本島鳥見ツアー、書いたようにハード&ハード、最後に空港でお土産ぐらいそこそこに買いたいと思ったが、ス○イレンタカーさんがなかなか空港まで送ってくれず、搭乗手続きもギリギリ、正直最後まで最低のレンタカー屋だった。更に更に、機内持ち込み荷物のチェック、同行者が散々引っかかり搭乗すらギリギリ。最後の最後まで、ハードスケジュール、バタバタの旅行だった。

スポンサーサイト

2018.04.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数