fc2ブログ

今季もセミを手掴み......(#^.^#)

毎年、蝉のシーズンになると羽化の観察と手掴みをしたくなる、う~ん、我ながらお子ちゃま.......(笑)

羽化の観察は、昨日、以下の記事にまとめた、というか書いた。

脱け殻で雌雄識別

今日は以下に、今季の手掴み蝉をまとめてみた。

18/0713 アブラゼミ

通勤都市公園散策でトップバッター(7/13)で手掴みしたアブラゼミ、蝉の中で一番どんくさく手掴みし易いセミ。野鳥にも、一番捕食されていると感じる。

18/07/23 ミンミンゼミ

通勤都市公園散策で二番目(7/23)に手掴みしたミンミンゼミ、案外警戒心が強く、足を止めると飛んじゃう個体もいるが、個体数が増えてくるとどんくさいのも出てくる。

18/07/25 ニイニイゼミ

今現在(8/12)、通勤都市公園で手掴み(7/25)しんがりのニイニイゼミ。ニイニイゼミは小さいことと、割と個体数が少ないので前述した3種に中ではやや難易度が高め。他にツクツクボウシ、チッチゼミも通勤都市公園では鳴くが、ツクツクボウシは一番警戒心が強いので難易度が高い。チッチゼミはそもそもかなりな高枝で鳴くし小さいので、姿を見つけること自体至難の業。

18/0812 エゾゼミ

エゾゼミは我が家近くの針葉樹でも鳴くが、高枝で鳴くため姿をなかなか見つけられない。貼ったのは、今日(8/12)行った蔵王のお釜で手掴みしたもの。目の前に落下してきたので、拾っただけだが。

18/08/2 コエゾゼミ

コエゾゼミは蔵王等高めに山に行かないと出逢えないセミ、もっともエゾゼミと鳴き声の区別がつかないのだが。貼ったのは、今日(8/12)行った蔵王のお釜で手掴みしたもの。

エゾゼミもコエゾゼミも蔵王のお釜付近の地を這ういうな低木しかない場所、風が強いからか?、森林限界の高度なのか?、何故にわざわざこんな場所にいたのか?。

スポンサーサイト



2018.08.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数