fc2ブログ

ミンミンゼミとアブラゼミの脱け殻

通勤&昼休み散策している都市公園、7月下旬頃からアブラゼミとミンミンゼミの鳴き声がたくさん聞かれる。脱け殻もたくさん見かけるが、何故かほとんどがアブラゼミ。識別ポイントは把握しているが、いまいちピンとこない.......(-_-;)。。。

先日、博物館系のMLで「アブラゼミの脱け殻はメタセコイア・ヒマラヤスギ」という情報を目にした。それを見てピント来た!、そういえば脱け殻をよく見つけるのはメタセコイア・ヒマラヤスギ。アブラゼミの脱け殻がほとんどなのは、アブラゼミの脱け殻が多い木を観察しているからだった可能性が大。

18/08/11 セミの羽化

今季は観察できなかったが、貼った画像のようにほぼ毎年セミの羽化を観察している。その羽化、ここ最近は全部アブラゼミ。昔々、子供の頃の記憶ではミンミンゼミの羽化も観察したが、極めて稀だった。

以上より、やっぱりミンミンゼミとアブラゼミの脱け殻の識別がいまいちピンとこなかったのは、収集した脱け殻がアブラゼミが多く、ミンミンゼミが少なかったということらしい。

今季もセミのノウハウについて、以下の記事を書いた。

夏蝉は夏日に鳴き出す(2019.07.23)
 ■今季の初鳴情報(確認日と最高気温)
【続】やっぱり仙台はツクツクボウシが多い(2019.08.16)
 ■それぞれのセミは好きな木の情報

2つ目の記事、それぞれのセミの好きな木の情報を見るとミンミンゼミはサクラの木が好きらしい。ということは、サクラの木についた脱け殻はミンミンゼミの可能性があるのかもしれない。立秋が過ぎ、月遅れお盆も過ぎすっかり秋だが、まだ間に合うと思うので確認してみようと思う。

ミンミンゼミの産卵は、過去に観察したことがある。

その1(2015年8月7日)
その2(2015年8月7日)

産卵木は、針葉樹ではなく広葉樹だったと思う。

セミについて過去に書いたのを、以下にまとめたてみた。

【備忘録】 セミについて(2016.07.20)
 ■鳴く時間帯 ■幼虫の期間 ■寿命 ■羽化後に鳴き出すまで
【続・備忘録】 セミについて(2016.08.19)
 ■チッチゼミについて

スポンサーサイト



2019.08.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数