fc2ブログ

水辺の貴婦人&貴公子

大潮の干潟に6種のシギ・チドリ類の帰路は海岸線を走り、最後は穀倉地の用水沼付近も散策してみた。

農繁期なので用水沼はまだまだ水がいっぱい、気の早いコガモ、シマアジを期待するがおらず。撮り屋さんが複数いたので、さくっと見て通り過ぎた。離れた休耕田に1台が車が止まっていたので、行ってみたらセイタカシギが4羽いた。

22/08/27 セイタカシギその1

セイタカシギといえば、毎シーズン「水辺の貴婦人」という見出しの記事を見る。見る都度の何故貴婦人、見た目はわかるが、雌だけじゃないよなぁと................(^^;.。図鑑で雌雄の識別を確認すると背中の色の違い、だとすると貴婦人は雄だろうな.................(^^;。

22/08/27 セイタカシギその2

水辺の貴婦人ではなく、水辺の貴婦人&貴公子とすればいいのにね、いったい誰が命名?、呼び始めたのか?。

22/08/27 セイタカシギその3

似たようなのに、「鳴く虫の女王カンタン」(TLでコメントもらった)」、「渓流の女王ヤマメ」なんてのもあるけどね。検索してみると「清流の女王アユ」、「海の女王アマダイ」といろいろある。あ!、全部、女性じゃないか!、ってことは名付けたのは男ってことなのかもね。

スポンサーサイト



2022.08.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数